組合発足の経過と沿革

KINCHIKU FIRE DEPARTMENT

   
       
  昭和52年 4月8日 自治省告示第73号
      消防本部及び消防署を置かなかなければならない町村を告示
  昭和53年 5月8日 恩納村議会、消防組合規約決議
    5月8日 宜野座村議会、消防組合規約決議
    5月13日 金武町議会、消防組合規約決議
    5月15日 三村長連名による金武村、恩納村、宜野座村消防組合設立許可申請
    5月25日 県知事より消防組合設立許可(沖縄県指令第503号)
      金武村、恩納村、宜野座村、消防組合設立
    6月1日 消防組合会議開催及び消防本部設置業務開始
      消防長以下35名採用
      管理者 吉田勝栄、消防長 仲間正昌就任
  昭和54年 6月14日 金武町、恩納村、宜野座村消防組合議会規約変更決議
    6月25日 恩納村議会、規約変更決議
    6月26日 宜野座村議会、規約変更決議
    6月27日 金武町議会、規約変更決議
    7月10日 職員2名採用 計37人
    7月11日 管理者規約変更許可申請、県知事へ
    7月23日 県知事より規約変更許可(沖縄県指令第778号)
      金武地区消防組合となる
  昭和56年 4月1日 職員7名採用 計44人
  昭和58年 11月18日 金武町議会、規約変更決議
    11月21日 恩納村議会、規約変更決議
    12月27日 宜野座村議会、規約変更決議
    12月27日 規約変更申請
  昭和59年 1月9日 県知事より規約変更許可(沖縄県指令第5号)
      金武地区消防衛生組合となる
    3月15日 金武町議会、規約変更決議
    3月16日 恩納村議会、規約変更決議
    3月16日 宜野座村議会、規約変更決議
    3月22日 規約許可申請
    3月27日 県知事より規約変更許可(沖縄県指令第296号)
    3月31日 消防庁舎落成
    4月2日 金武町字金武7745番地へ移転 
    7月16日 衛生職員1人採用計45名 
  昭和60年 12月20日 金武地区清掃センター落成
  昭和61年 3月31日 消防長•仲間正昌定年退職、消防団長•仲間考順退任
    4月1日 消防長花城清徳就任、消防団長•仲間達徳就任
  昭和62年 4月1日 消防職員2人採用(増員)計47名
  昭和63年 1月20日 管理者•吉田勝栄退任
    1月31日 収入役•安次富康雄退任
    2月2日 管理者•仲間輝久雄就任
    2月28日 収入役•前田晃一就任
    3月31日 宜野座分遣所落成
    4月1日 宜野座村惣慶1772番地の5へ移転
    12月29日 副管理者•仲程實湧退任
    12月30日 副管理者•伊芸宏就任
  平成2年   2月 工作車導入(国庫補助)
  平成3年 3月30日 消防団長•仲間達徳退任 
    5月1日 消防団長•知名定美就任 
    10月1日 梯子車:(30m級)導入、(国庫補助)
    12月1日 恩納分遣所梯子車車庫完成
  平成4年 1月23日 管理者•仲間輝久雄(金武町長)再任
    3月31日 消防長•花城清徳定年退職
    4月1日 消防長•仲間繁就任
    5月1日 職員1名採用
    5月9日 職員1名採用
    11月1日 職員4名採用(定数51人)
    12月2日 小型動力ポンプ付水槽車国庫補助(総務省)により1台 購入
  平成5年 8月1日 水槽付ポンプ自動車寄贈(日本損害保険協会)
    12月27日 指令車単独購入
  平成6年 1月17日 金武地区幼少年婦人防火委員会結成 
    4月21日 管理者•吉田勝廣就任 
  平成9年 1月1日 救急救命士資格者採用(1人)
    3月31日 事務連絡車単独購入 
    4月1日 救急救命士資格者採用(1人)
    6月23日 全国救助技術大会ロープ応用登はん3位(仲田•前田組)
    12月29日 副管理者•伊芸宏退任 
    12月30日 副管理者•浦崎康克就任
  平成10年 4月1日 県立中部病院と救急救命士に対する医師の具体的指示に関する協定書を締結
    5月12日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    7月1日 収入役•仲間貞信就任
    8月3日 金武地区消防衛生組合設立20周年記念式典開催
    9月1日 県立中部病院と間に心電図電送システム設置
    9月30日 高規格救急自動車国庫補助(防衛施設局)により1台購入
    11月5日 救急救命土の運用開始
    12月14日 副管理者•比嘉茂政退任
  平成11年 1月24日 副管理者•大域英喜就任
    5月12日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    9月15日 県立北部病院と救急救命士に対する医師の具体的指示に 関する協定書を締結
    11月5日 県立北部病院と間に心電図電送システム設置 
    11月15日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    11月15日 高規格救急自動車国庫補助(防衛施設局)により1台購入 
    12月7日 高規格救急自動車運用
  平成12年 2月1日 九洲•沖縄サミット消防•救急体制整備に関する応援協定締結
    3月1日 消防長 仲間繁 定年退職
    4月1日 消防長 当山徳安 就任
    5月9日 救急救命士資格者2名誕生(東京研修所)
    6月1日 職員1名採用
    6月13日 広報車単独購入
    7月6日 日本消防協会より消防団車両寄贈
    7月14日 職員1名採用
    7月19日 九州・沖縄サミット現地指揮本部開設
    7月21日 九州・沖縄サミット首脳会合
    8月8日 日本消防協会より消防団へ功績表彰状受理
    8月8日 消防庁長官より褒状受理
    11月21日 県知事より消防本部・消防団竿灯綬を表彰受理
  平成13年 12月20日 小型動力ポンプ付水槽車国庫補助(総務省)により1台購入
  平成14年 3月22日 小型動力ポンプ付水槽車国庫補助(総務省)により1台購入
    4月17日 管理者 儀武剛 就任
    4月26日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
  平成15年 1月24日 副管理者 志喜屋文康 就任
    3月31日 消防団長 知名定美 退任
    4月1日 消防団長 當山正幸 就任
    9月27日 救急救命士九州研修所1名卒業
    11月26日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    11月27日 水槽付ポンプ自動車国庫補助(総務省)により1台購入
  平成16年 11月17日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    12月30日 副管理者 東肇 就任
  平成17年 3月1日 第46回米州開発銀行(IDB)年次総会に伴う消防・救急に関する相互応援協定書締結
    3月16日 救助工作車国庫補助(防衛局)により1台購入
    4月1日 職員2名採用 定数50人
    4月9日 米州開発銀行(IDB)年次総会特別警戒で恩納区警戒本部・現地警戒本部を開設
    7月15日 携帯電話から消防機関への119番通報の接続に関する覚書締結
  平成18年 1月1日 職員1名採用 定数50人
    4月17日 管理者 儀武剛 就任
    8月24日 救急救命士薬剤投与実施認定者1名誕生
    3月20日 水槽付ポンプ自動車国庫補助(防衛局)により1台購入
  平成19年    1月 副管理者 志喜屋文康 就任
    4月1日 職員2名採用(1名救急救命士資格者)定数50人
    5月1日 救急救命士資格者1名誕生(九州研修所)
  平成20年 4月1日 職員2名採用(1名救急救命士資格者)定数50人
    5月30日 総務課事務事務連絡車単独購入
    11月24日 救助ボート(トレーラー付)単独購入
     12月 副管理者 東肇 就任
  平成21年 3月31日 消防長 當山徳安 定年退職、消防団長 當山正幸 退任
    4月1日 消防長 伊藝直行 就任、消防団長 新里隆博 就任
    4月1日 職員3名採用(1名救急救命士資格者)定数50人
    4月25日 高規格救急自動車国庫補助(沖縄特別振興)定数50人
    4月30日 救急救命士資格者1名誕生(九州研修所)
  平成22年 3月26日 高規格救急自動車国庫補助(防衛施設局)により1台購入
    7月22日 管理者 儀武剛 就任
  平成23年 3月31日 消防団長 新里隆博 退任
    4月1日 消防団長 金城徳夫 就任
    4月1日 職員3名採用定数50人(実員数52人)
    4月25日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
  平成24年 3月19日 高規格救急自動車国庫補助(防衛施設局)により1台購入
    4月1日 職員7名採用(1名救命士資格者)定数50人 (実員数55人)
    11月19日 行幸啓に係る特別警戒で警備本部、現地警戒本部、前進配備を開設
    12月20日 積載車単独購入(金武署配備)
    12月29日 副管理者 東肇 退任
    12月30日 副管理者 當眞淳 就任
  平成25年 3月31日 消防長 伊藝直行 退任
    4月1日 消防長 仲間勇 就任
    6月26日 梯子审(30m)分解整備
  平成26年 3月26日 救急救命士資格者1人誕生(九州研修所)
    3月31日 消防司令車単独購入(金武署配備)
    4月1日 職員2名採用(1名救命士資格者)定数50人(実員数51人)
    9月30日 消防団長 金城徳夫 退任
    10月1日 消防団長 下里哲之 就任
    10月20日 金武地区消防衛生組合条例定数58名
  平成27年 1月23日 副管理者 志喜屋文康 退任
    1月24日 副管理者 長浜善已 就任
    3月31日 消防長 仲間勇 退任
    4月1日 消防長 奥間宏忠 就任
    4月1日 職員9名採用(4名救命士資格者)定数58人(実員数59人) 
    6月30日 消防団長 下里哲之 退任 
    7月1日 消防団長 仲間盛雄 就任